本文へスキップ

秋田県立仁賀保高等学校は、地域の期待に応える県立高校として、地域の課題に積極的に取り組む人材を育成します。

TEL. 0184-43-4791

〒018-0148 秋田県にかほ市象潟町字下浜山3-3

採用情報校長あいさつ

ごあいさつ

 仁賀保高校ホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本校は、「自立・克己・友愛」の校訓の下、生徒一人一人を心豊かに育み、その個性と能力を伸ばすことを目標に、昭和52年に創立されました。以来7701名の卒業生を送り出し、今春には41期生となる新入生103人を迎えました。

 平成15年には、情報化社会が進展する中、IT産業を支える人材の育成を目的に、情報メディア科を新設しました。専門教科「情報」を学ぶ、全国でも数少ない学校として、高度で専門的な内容を学習しています。

 本校には大きく二つの特色があります。一つ目は、多様な進路希望に対応した指導体制をとっていることです。二年次からは普通科に「進学コース」と「教養コース」、情報メディア科に「CGデザインコース」と「Netシステムコース」を設け、一人一人の進路希望に合わせた個別指導を重視して、きめ細かい指導を心がけています。
 二つ目は、地域との協働を大切にし、地域発展への貢献を心がけていることです。本校は、にかほ市唯一の高等学校として、地域の期待を担い、多くの支えの下に活動を続けています。映像の編集やCG制作、またポスターデザイン等で地域と密着した取り組みを重ね、また防災やボランティア活動にも主体的に取り組んで地域をリードし、活動の場を広げています。
 「高校生商品開発コンテスト」や「全国産業教育フェア」のポスターは、本校メディア科の生徒が作成しています。またBV(Benkyou&Volunteer)会やNCC(Nikaho Cooking Club)は地域行事のボランティアとして多方面で活躍し、盛り上げ役として活性化に貢献しています。熊本地震に対する募金活動も、地域の観桜会での活動の中で真っ先に企画・実践しました。
 これらの活動を通して連帯感や克己心を育み、主体的に行動できる生徒を育成して、地域や社会を支えていくことを目標としています。

 本校は霊峰鳥海山を正面に望む、雄大なロケーションが自慢です。管理棟と教室棟の間の斜面には、代々の卒業生が植えたつつじが、緑色の葉の中から紫や白の花を一面に咲かせて、自然の豊かさを感じさせてくれます。
 これからも主体的・意欲的に社会と関わる校風を継続し、地域や自然を守り発展させる教育活動を充実させていきたいと思います。一層のご理解、ご支援をいただきますようお願いいたします。

平成29年4月
秋田県立仁賀保高等学校長 猪股清子




歴代校長

氏 名 在 職 期 間
 初代 畑 澤 潤 一 昭和52年4月1日 昭和56年3月31日
 2代 佐々木   稔 昭和56年4月1日 昭和59年3月31日
 3代 山 岡 雄 平 昭和59年4月1日 昭和61年3月31日
 4代 菊 池 栄 悦 昭和61年4月1日 昭和62年3月31日
 5代 加 藤 雄 悦 昭和62年4月1日 平成 元年3月31日
 6代 小 松 恒 信 平成 元年4月1日 平成 4年3月31日
 7代 阿 部 栄 健 平成 4年4月1日 平成 7年3月31日
 8代 猪 野   均 平成 7年4月1日 平成 9年3月31日
 9代 佐々木 睦 男 平成 9年4月1日 平成12年3月31日
10代 碓 井   隆 平成12年4月1日 平成13年3月31日
11代 北 島 伸 二 平成13年4月1日 平成16年3月31日
12代 小 野 一 巳 平成16年4月1日 平成19年3月31日
13代 尾 形   隆 平成19年4月1日 平成21年3月31日
14代 加 藤 高 行 平成21年4月1日 平成23年3月31日
15代 夏 目 由美子 平成23年4月1日 平成26年3月31日
16代 加 藤 竜 悦 平成26年4月1日 平成28年3月31日
17代 猪 股 清 子 平成28年4月1日  





バナースペース

秋田県立仁賀保高等学校

〒018-0148
秋田県にかほ市象潟町字下浜山3-3

TEL 0184-43-4791
FAX 0184-43-1792
MAIL chokai@nikaho-h.ed.jp