ジオパーク文化祭で学習発表を行いました

 令和3年1月16日(土)、鳥海山・飛島ジオパークガイドの会主催「ジオパーク文化祭」が開催され、仁賀保高校2年生の普通科5名・情報メディア科4名の計9名による学習発表を行いました。会場は、由利本荘市文化交流館カダーレです。昨年9月に実施したジオパークフィールドワークで、獅子ヶ鼻湿原・元滝伏流水・奈曽の白滝・金峯神社を現地見学し、2年生全員が校内発表会を行った上、優れた発表の班が学校代表として出場しました。
 普通科は、題名を「自然と人の互いの恩恵」、情報メディア科は「地元の魅力探検隊」として堂々発表しました。市民来場者やジオパークガイド、ジオパーク推進協議会職員、秋田県立大学の学生・教職員などから盛大な拍手を受けました。このジオパーク文化祭については『秋田魁新報』1月17日(日)県央18面でも報道されました。また、由利本荘市ケーブルテレビ「ゆりほんTV」でも放送される予定です。仁賀保高校は、今後もジオパーク学習を推進して参ります。

普通科生徒5名による「元滝伏流水」の学習発表場面
情報メディア科生徒4名による「獅子ヶ鼻湿原」学習発表場面
学習発表後、普通科・情報メディア科が合同で整列し、挨拶しました

校門前ロータリー北側に「待避所」が完成

 新年あけましておめでとうございます。本年も仁賀保高校へのご指導、よろしくお願い申し上げます。年初めは学校の周辺環境について御報告します。昨年12月中旬、にかほ市の整備事業によって、仁賀保高校の校門前ロータリー北側に、車両用の「待避所」が完成いたしました。国道7号からJR羽越本線をくぐる立体交差(にかほ4アンダーパス)を抜け、きさかた自動車学校から仁賀保高校までの三角地に設置されました。具体的な位置は写真をご覧ください。これまで、生徒送迎の駐車などへの苦情がありました。しかし、この車両用「待避所」の完成によって改善できると思います。待避所の土地は、市有地であり高校の敷地外なのですが、にかほ市が対応してくださいました。改めて、市の対応に感謝しますと共に、交通事故の防止および待避所の活用に、保護者の皆さまのご協力をお願い申し上げます。

校門前ロータリー北側「待避所」の位置(Google Map© 2021に加筆)
待避所の外観です。生徒会長と副会長が目印に立ってくれました。
待避所の出入口は緑縞コーンの横幅です。現在は積雪があります。

生徒会任命式・表彰式・終業式を行いました。

 令和2年12月21日、2学期の最終日に生徒会任命式・表彰式・終業式を行いました。
 生徒会は、11月5日の役員選挙で新会長と新副会長が当選し、先週の「2020仁高祭」を新旧執行部で運営した後、改めて任命式を行いました。生徒会長の木内芽空くんが、新執行部を代表して挨拶し「コロナ禍でも生徒の意見を取り入れた生徒会運営に勤めます」と決意表明しました。
 表彰式では、バトミントン部が秋田県高体連中央支部新人大会の団体戦で3位入賞し、同大会のダブルス2部に出場した小松一星&金大聖ペアが3位に入賞するなど1~2年生が活躍しました。秋田県高文連の各部門では、美術部・写真部の様々な作品が入選や推奨・佳作等を受賞して表彰されました。このほか、秋田県選挙管理委員会主催「明るい選挙啓発ポスターコンクール」では、3C佐藤有紗さんが優秀賞(県代表作品賞)を受賞し、全国コンクールへの出品が決定しました。これ以外にも、たくさんの表彰がありました。これらの受賞は、生徒自身の努力と保護者のご支援があって為し得た成果であります。我々教職員も指導を尽くしますので、今後ともご支援とご協力をお願い申し上げます。
 終業式では、小園校長と共に今年一年を振り返り、生徒自身の健康管理と来年の飛躍を誓いました。新年(令和3年)も、仁賀保高校への御指導よろしくご指導お願いします。

生徒会任命式で任命状を受ける生徒会長・木内芽空くん
中央支部新人大会バドミントン団体戦3位の賞状を受ける主将・佐々木琉太くん
明るい選挙啓発ポスターコンクール優秀賞(県代表賞)を受賞した佐藤有紗さん