秋田大学研究員スティーブンスさんと「リベリア講座」を開催しました。

 11月26日(木)6校時、2年生を対象に、リベリア共和国出身のスティーブンス・モールさん(秋田大学・地方創生センター博士研究員)をお迎えして、来年開催される東京オリンピック・パラリンピックの「リベリア」ホストタウンに登録されたにかほ市とリベリアについて学習しました。この講座には、JICA(ジャイカ)国際協力機構・秋田デスクから国際協力推進員の野口聡子さん、にかほ市の商工観光部スポーツ振興課から髙橋寿課長も来校して、スティーブンスさんの英語講話を解説していただきながら、にかほ市がリベリアのホストタウンになった経緯を学びました。仁賀保高校では、8月から国旗オンライン講座・リベリア学習会を開催し、情報メディア科が「リベリア応援動画」を制作中など、にかほ市のホストタウン登録を盛り上げて来ました。今後も、リベリアとの国際交流や東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、取り組んで参ります。

総合的な探究の時間「リベリア講座」のようす
リベリアの太鼓を紹介するスティーブンス・モールさん
ホストタウン登録の経緯を、にかほ市スポーツ振興課・髙橋寿課長が紹介しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です