オンライン授業・課題収受に関する研修を行いました

 4月30日、新型コロナウィルス感染症対策で休校中の学習指導や再開後にも使える家庭学習向けに、課題の送信や受領・オンライン授業の可能性等に関してG Suite for Educationを用いて研修を行いました。
 環境や機器によって差があるなどの問題点がありながらも、プラットフォームとしての学習方法のあり方の一つとして活用できそうな感触を持ちました。また、こうした環境を持たない生徒や実施が困難な生徒への対応も重要であることを確認しました。

Google Meetを使ってオンライン授業に関して検討を行いました。受信する機器や環境によってかなり差があることが実感できました。

昨年末にすでに実施済みの情報メディア科での実践例をモデルに、課題の送出と受領の方法について、一連の流れを実演しました。
課題を採点し生徒へのアドバイスをつけて指導を行い、生徒にフィードバックする流れを提示します。
これらの流れを行うGoogle Classroomの使い方について研修を行いました。このあと各先生にIDを発行して実際に既存の課題を送受信したり環境の違いでどう表示されるかについて演習を行いました。特に、wordやexcelの文書をアップロードした際の表示の崩れに注意する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です