学校生活における新型コロナウイルス感染症の予防対策について

R2.4.6 健康教育部

対策ポイント 「感染源を絶つ」 「感染経路を絶つ」 「抵抗力を高める」

《登校前にすること》

  • 毎朝自宅での健康観察・・・【感染源を絶つ】
ア 風邪症状→ 咳・強いだるさ(倦怠感)・息苦しさ・下痢などの有無の確認
イ 検温の実施 → 37.5℃以上の発熱がある
  1. 上記のいずれかの場合は、学校に連絡する。
  2. 次の症状がある場合は、「帰国者・接触者相談センター」に相談し、指示を受けること。
    • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
    • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    • 基礎疾患などのある生徒は、①②の状態が2日間続く場合

※新型コロナウイルス感染症 あきた帰国者・接触者相談センター(コールセンター)

電話番号  018-866-7050 (受付時間  24時間)
電話番号  018-895-9176 (受付時間  毎日9時~17時まで)

《登校後にすること》

  1. こまめに手洗いをする・・・【感染経路を絶つ】
    • 各自が自分のハンカチやタオルを持参する。貸し借りや共有をしない。
  2. 教室の換気をする・・・【感染経路を絶つ】
    • 休み時間ごとに2方向のそれぞれの1つ以上の窓を5分程度、広く開ける
  3. 咳エチケット・・・【感染経路を絶つ】
    • マスクがあればマスクを着用する。
    • マスクをしていないときは、飛沫を拡散しないように咳エチケットを実行する。
    • 近距離での会話や大声での発声をできるだけ控える。
  4. できる限り机間距離を離す(席を近づけない)・・・【感染経路を絶つ】

《普段心がけること》

規則正しい生活をする・・・【抵抗力を高める】

  1. 睡眠時間を十分にとる。
  2. 適度に体を動かす。
  3. バランスのとれた食事を心がける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です