にかほ市社会福祉協議会「福祉体験教室」⑧介護保険制度と福祉用具について

 12月14日(水)、2年「生活と福祉」の授業で、株式会社かんきょう の4名の皆様にご来校いただき、上記体験学習会を行いました。

 始めに、清水様より介護保険の仕組みや福祉用具の利用の仕方について講義していただきました。その後、「特殊寝台」「車椅子」「歩行器・歩行補助杖・手すり」「腰掛便座と入浴補助用具」の4ブースに分かれ、それぞれの説明を聞いたり、実際に体験させていただいたりしました。あっという間の1時間でした。 

 荒天のなか、たくさんの用具を搬入いただきました。ご協力・ご指導ありがとうございました。  

~生徒の感想より~

「入浴補助の道具やポータブルトイレは、今自分が生活している中では気にならないようなところをサポートするものだったので驚きがありました。」

「器具の中には自分の家にあって知っているものもあったけど、その頃よりもすごく技術が進んでいてすごいなと思った。」

「一番印象深かったのは、お風呂の手すりです。水回りは危ないので、とても良い道具だと思いました。」

「今は足腰が元気でも、年を重ねるにつれてこのような便利な介護用具が必要になってくるんだなと思いました。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。