ジオパークフィールドワークを実施しました。

 9月7日(水)、1年生50名を対象に、ジオパークフィールドワークを実施しました。実施には、にかほ市と、一般社団法人鳥海山・飛島ジオパーク推進協議会(大野希一主任研究員、國重咲季研究員)、ジオガイドの会(5名の認定ジオガイド)から、全面的な御支援をいただきました。フィールドワーク場所は、午前が獅子ヶ鼻湿原を、午後は元滝伏流水を実地学習しました。ブナの森と清流がとても美しかったです。
 日本海を北上する台風11号の影響から、降雨が心配されましたが、前夜のうちに通過し、当日は天候に恵まれました。「あがりこ大王・女王」、「鳥海マリモ」、湧水の「出つぼ」、「炭焼き窯跡」、「燭台ブナ」など、様々な自然環境や文化財を学ぶことができました。

獅子ヶ鼻湿原のあがりこ大王(林野庁指定「森の巨人」百選)に圧倒されました。
獅子ヶ鼻湿原の燭台ブナです。「妖精の腰掛け」とも呼ばれます。
獅子ヶ鼻湿原での集合写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。