全校避難訓練を実施しました。

 11月20日(金)6校時、4名のにかほ市消防署員をお迎えして、全校避難訓練を実施しました。この日は「調理室から火災が発生し、全校舎に延焼する可能性が出た」という前提で、全校生徒・教職員が体育館に避難しました(雨天のため校舎の外への避難はなし)。にかほ市消防署の齋藤憲一さんからご講評をいただき「冷静かつ速やかな避難行動だった」との評価を受けました。岩川克敏教頭の講話でも、東日本大震災から10年近く経過し日本海中部地震からも37年以上の月日が経ったことを話していただきました。仁賀保高校では、自然災害やそれに伴う火災など、様々な事象を想定して避難訓練を実施して参りましたが、過去の災害を忘れることなく、今後も防災教育に取り組んで参ります。

避難訓練は、にかほ市消防署からご指導を受けました。
火災発生を想定して、整然と避難する生徒たち
避難先の体育館で、点呼・整列・報告します
にかほ市消防署の齋藤憲一さんから講評を受けました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です